レジテクトはコンクリート・鉄・鋼板等の保護・防水材料の開発により、構造物の長寿命化と高機能化に貢献します。
工法紹介
レジテクト加盟企業
会員専用ページ
会員専用ページはこちら
会員登録はこちら
会員登録について


(株)ダイフレックス
レジテクト事業グループ
〒163-0825
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル25F
私書箱第6086号

TEL:03-5381-0666
FAX:03-5381-0670

レジテクトの活用例

◆GS-M工法<道路・橋梁床版防水>
GS-M工法は南北に長い日本の国土において様々な自然条件下での高機能床版用防水工法として開発されたウレタン・ウレア樹脂を用いた床版防水工法です。

◆CVスプレー工法<土木地下防水、トンネル>
埋設トンネルや地下鉄に代表されるコンクリート地下構造物は日々地下水の浸食にさらされています。CVスプレー工法は超速硬化ウレタンの優れた成膜技術と高い防水性で構造物内部への水の浸入を防ぐ地下防水工法です。

◆BT工法<コンクリート保護、水槽ライニング、各種処理槽>
雑排水槽・工場処理水槽・海洋構造物等のコンクリートは硫化水素や各種薬剤に侵され、中性化・塩害をうけています。BT工法はポリウレアの高い耐薬品性能・防水性を用いてコンクリートを守る水槽用ライニング工法です。

◆RT工法<はく落、塩害、中性化防止>
コンクリート構造物は雨水や飛来塩による塩害や、中性化の影響を常にうけています。RT工法は塩害・中性化防止性能はもとより、従来のはく落対策工法と異なり連続繊維を用いずに十分なはく落防止性能を持ったコンクリートの保護工法です。


※工法の写真をクリックすると、各工法の説明がご覧頂けます。
道路床版防水工 - レジテクトWG工法 構造物保護被覆工 - レジテクトRT工法
土木地下防水工 - レジテクトSQS工法 防食ライニング工 - レジテクトBT工法
土木構造物の保護/防水分野を全てカバー。

COPYRIGHT©2003 DYFLEX Co.Ltd., ALL RIGHTS RESERVED.